塗料の選び方を学ぶ

外壁壁塗装に使用する塗料の選択方法

外壁塗装にもトレンドがありますので、その時代ごとに人気の高いカラーや機能性がありますが、選択する際には迷うこともあります。人気のある塗料は魅力的ですが、建物にあった物を使うことが大切です。現在では断熱塗料など機能性を重視したものもありますが、元々断熱性能の高い建物に使用してもそれほど高い効果を発揮できない性質があります。一方で断熱性能の低い建物には効果を発揮できますので、現状を把握して選ぶことが大切です。外壁塗装はメンテナンスの一つとしても行われていますが、性能に関してはそれぞれに異なりますので施工業者に相談しながら決めることが大切です。定期的に外壁塗装を行えば建物の寿命を延ばすことにも繋がります。

サービス力の高さで選ぶ外壁塗装

外壁塗装は施工価格のほとんどを人件費や足場費用が占めており、塗料の価格はそれほど多くはないのが現実です。業者のサービス力によって価格が変えられる性質がありますので、安い業者を選ぶことも可能です。見積もり書を依頼する場合には同じ条件で作ってもらうのが基本ですが、施工方法の違いも含めて検討する必要があります。足場はほとんどの業者が使用しますが、足場をかけない無足場工法もありますので、業者の特徴を把握しながら選ぶことが大切です。外壁塗装はただ塗料を吹き付けるだけではなく、下地の処理を行ってから作業をすることが基本となります。下地処理が不十分だと耐久性が落ちますので、業者の技術力と確実性が重要な部分となります。